毎回忘れがちなので備忘録。本当はもっとたくさんのコマンド群がある。
説明については公式マニュアルに沿った表現よりも把握のしやすさを重視する。

C-○はCtrl+○を指す。
M-○はたいがいのWindows対応キーボードでAlt+○を指す。

最低限覚えるべきコマンド

  • C-x C-f
    ファイルを開く。
  • C-x C-s
    ファイルを上書き保存。
  • C-x C-w
    ファイルを名前指定して保存。
  • C-x C-c
    終了する。
  • C-x 1
    分割されたウィンドウを1つにする。

これで一応はなんとかなる。と思う。

べんり

  • C-s
    順方向のインクリメンタル検索。再度押すと次の検索結果に移動する。
  • C-r
    逆方向にインクリメンタル検索。
  • C-x u
    いわゆるアンドゥ。

移動系

  • C-a
    行頭に移動
  • C-e
    行末に移動

Ctrl+(n|p|f|b)よりカーソルで移動した方が正直分かりやすいと思う。

  • M-b
    1単語戻る。M-(左カーソル)でもいい。
  • M-g g
    行(行数は1から始まる)を指定して移動。
  • M-<
    1行目に移動。
  • M->
    最終行に移動。

削除

  • C-d
    カーソルのある場所の一文字を消す。
  • C-k
    カーソルのある場所から行末まで消す。行末なら改行を消す。

消した文字列はキルバッファ(クリップボードのようなもの)に格納される。C-yで任意の箇所に貼り付けできる。

  • C-SPACE
    コピーorカットの始点をマーク。
  • C-w
    マークした地点から現在の位置までをカット。
  • M-w
    マークした地点から現在の位置までをコピー。

ウィンドウ分割

  • C-x 2
    ウィンドウを縦に分割する。
  • C-x o
    分割したウィンドウ間を移動する。
  • C-x b
    ウィンドウ一覧を表示。
  • C-x k
    現在のウィンドウを閉じる。

各種モード

  • M-x eshell
    コマンドライン操作を行う。

設定ファイル例

~/.emacsに記述する。

;バックアップファイル生成をOFF
(setq make-backup-files nil)
;オートセーブを無効
(setq auto-save-default nil)
; C-hにBackspaceを割り振る
(global-set-key "\C-h" 'delete-backward-char)
; C-zにundoを割り振る
(global-set-key "\C-z" 'undo)
; F1にreplace-regexp(正規表現パターンを指定して文字列置換)を振る
(global-set-key [f1] 'replace-regexp)

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Wed, 05 Jun 2013 20:21:42 JST (1389d)